« オーディオケーブルとか裏側。 | トップページ | WATERFALL Power 500をレンダリングしてみました; »

パワーアンプなんてどれも同じ。 逢瀬オーディオ WATERFALL Power 500

パワーアンプなんてどれも同じと思っていた・・・・。

.

と言うことで今回お借りしました、
逢瀬オーディオ の WATERFALL Power 500 と Nord Acoustics の Nord One NC500MBを比較試聴してみました。
.
で、早速WATERFALL Power 500が到着です!
運送屋さんに「工具ですか?」って言われましたが、樹脂製の箱に入ってきます。
Img_0664
パッケージの内容はXLRからRCA端子の変換ケーブルが2本、電源ケーブル2本、
それとWATERFALL Power 500の本体が2台です。
Img_0666
Img_0669
外見はアルミニウムで出来ていてとくに排熱用の穴などは開いていない本体
モノラルアンプなので1系統の入力(XLR)とスピーカー出力端子1系統とシンプルになっています。
Img_0675
Img_0678
中身は「同じHypexのNcore NC500を積んでる」までは自分みたいな素人さんでも分かる。しかし他には何が違うのかはわかりません;(公式ページあまり読んでない;)
Img_0682
ここまでで本当に音が変わりなかったら何を書こうかとも思いましたが・・・;
.
実際にWATERFALL Power 500で鳴らしてみました。
Img_0694_2
第一印象はもしかしたら変わりないのでは?と思いましたが聴き慣れた音源を再生していくとわかりました;
「こりゃ別もんじゃ!」・・・と思った点をあげると以下の通り、
.
・高域の音の伸びが凄く良い!
・かと言って耳にツクような嫌な音ではない。
・スピーカーの滑舌が良くなった?(「滑舌」という表現が適切かわかりませんが;ハッキリくっきり聴こえる)
・音が横へ広がる。
・左chと右chの分離が良い。
.
良い点を箇条書きにすれば5行で収まるけれども、コレは凄いことだと思います。
.
でパワーアンプをNord One NC500MBに戻して聴いてみる。
比較するとNord One NC500MBは、
・丸い音。
・熱い音。
と言う感じになってしまいます;音が明らかに違うからw
.
どちらが音がいいとか言う偉い話は置いといて、
WATERFALL Power 500のように高域が伸びてさらにそれが心地よかったので
音楽に没頭出来る感じがする。ストレスなく音を楽しめる感じ。
.
スピーカーのドライブ力というところでは両者ともパワフルです。それは似たような感じ。
.
乱暴な言葉で言えばWATERFALL Power 500は上品!
Nord One NC500MBはワイルド!ですかねw
.
Nord One NC500MBでもうアンプ選びは終わったかなーと思ってたけれど、
なんかまた沼に嵌りそうです;
.
そもそもNcoreを知る切っ掛けとなったのは生放送のリスナーさんに教えてもらったのが最初で、
逢瀬オーディオの2chの専用スレも教えて貰ったのですが、あまりパワーアンプの話題にはなってない感じ。
WATERFALL Power 500はとても良い製品なのだからもっと売れて話題になって欲しいと思いました。
.
値段は1個30万円くらいなので、価格的には誰にでもーおすすめ!とは行かないけれど;おすすめの品物ですなw;
.
駄文ですがこんな感じ。(゚∀゚) また沼にもぐります;
.
.
逢瀬オーディオ  WATERFALL Power 500
Nord Acoustics  Nord One NC500MB

« オーディオケーブルとか裏側。 | トップページ | WATERFALL Power 500をレンダリングしてみました; »

①オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595095/66573955

この記事へのトラックバック一覧です: パワーアンプなんてどれも同じ。 逢瀬オーディオ WATERFALL Power 500:

« オーディオケーブルとか裏側。 | トップページ | WATERFALL Power 500をレンダリングしてみました; »